豆乳ダイエットを実践するときのポイント

無調整豆乳を使うことが、豆乳ダイエットでは重要なポイントとなります。無調整豆乳と、調製豆乳の2種類が販売されています。
調整豆乳とは、脱脂加工大豆や、丸大豆をベースに、味や香りづけをしたものです。
無調整豆乳とは、何も手を加えていない、豆腐の材料となる煮大豆を絞って出たエキスのことです。
無調整豆乳と、調製豆乳は、基本的には違う飲み物とされていますので、注意しましょう。
JASでは、大豆固形分が8%含まれていないと無調整豆乳とは認められず、調製豆乳は6%となっています。
高たんぱく低カロリーの食事を心がけるのは、ダイエットの基本ですので、同じ量を飲むなら無調整の豆乳がお勧めです。
もしも、その飲み物に豆乳飲料と書かれていたら、もっと大豆固形分は少なめです。
豆乳ダイエットをする場合、摂取量の目安は200mlくらいで、食事の前の時間や、食事の時間外がおすすめです。
豆乳はダイエットにいいですが、飲み過ぎは要注意です。豆乳に含まれる成分が、女性ホルモンとよく似ているためです。
豆乳ダイエットは、毎日豆乳を飲み続けることで、脂肪の燃焼を促進していくというコンセプトです。
食品安全委員会という内閣府の組織によると、イソフラボンを1日に摂取してもいいという量は、大体70~75mgまでです。
無調整の豆乳に含まれるイソフラボンはだいたい45㎎程度になります。
豆乳ダイエットをする場合には、いくらダイエットと言っても飲みすぎは良くありません。
普段の食事でも、大豆製品を食べることは少なくありませんので、ダイエット中でも、豆乳は1日に200ml程度で足りるでしょう。